コーチングは実績と教える技術がある人を選ぶ

自分から積極的に行動する

コーチング 実績コーチング研修

コーチングをしてもらったことがあるのですが、実績のある方にしてもらう方がいいのできちんと考えて利用することが大切です。
コーチングをしている人は、実績だけではなく経験も豊富にある人を探すことが大切です。
自分が知識として知っていることだけではなく、経験から感じるその実績も自分がやっていくためのポイントをしっかりと覚えることが出来ます。
コーチングは勉強だけでは出来ることではありません。
自分がやったからこそ出来ることがあるのです。
実績は何かの大会などで優勝をしたり、勝った経験がある方だけではなく、どれだけの経験をしているのかをきちんと提示することが出来るような人が出来ることです。
教えて学ばせる、ということが大切なので、教えることがあまり得意ではない人には向いていないものだと言えるでしょう。
自分がコーチングをする上でどのようなことを大切にしているのか、ということを相手に伝えることが出来る人は、とても教えるのが上手な人が多かったように感じます。
コーチとは、教えるではなく学ばせて実行するための知識を与えるということです。
実績はもちろん、自分が出来ることを知ることが出来なければ意味がないことなので本当に困ります。
自分だけで学べることは、教えてもらうだけではなく自分から積極的に行動しなければいけません。

🍀良いコーチの選び方🍀

あなたならどっちを選ぶ❓

1.資格もあってかなり実績もあるが、共感性に乏しく積極的に関わってはくれない😫

2.スゴい実績があるという訳ではないが、あなたを成長させようと必死に頑張ってくれる🥰

コーチングで成長するには

お互いの信頼関係💞がとっても大切です🙆‍♂️ pic.twitter.com/j2xYmon6WB

— りょうじ🌻愛情コーチング🔄めざせ‼️『人生の達人』🌅愛知の人 (@RYOJI_PORSCHE) February 5, 2020

自分から積極的に行動する / 自分で出来ることには限りがある / 教えられたことは何度でも繰り返す